不動産担保ローンを利用するデメリット

高額な借り入れをすることができたり長期返済をすることができたりというようにいいことばかりのような気がする不動産担保ローンですが、不動産担保ローンを利用することには何かデメリットがあるのでしょうか。

ここでは、不動産担保ローンを利用することのデメリットについてご紹介させていただきます。

不動産担保ローンを利用するデメリットとしてはまず、他のローンと比べて金利が高めに設定されているという点が挙げられます。

例えば銀行が提供しているローンにはマイカーローンや住宅ローンといったものもありますが、不動産担保ローンはこういった借入金の使途が限定されているローンと比べて、金利が若干高めに設定されているのです。

ただし金利が高いといってもそれは上記のようなローンと比べての話であり、消費者金融のキャッシングやカードローンと比べると、その金利は低めになっています。

不動産担保ローンを利用するデメリットとしては他にも、万が一お金を返すことができなくなった場合、不動産という“資産”を失ってしまうという点が挙げられます。

不動産担保ローンとはその名の通り、借入の際に不動産を担保として提供するという融資形態であるため、お金を返せなくなってしまった場合にはその不動産が競売にかけられてしまうのです。

ただしカードローン等を利用する場合でも返済を焦げ付かせてしまうと様々なペナルティーを受けることになりますので、そこまで神経質に考える必要はないでしょう。

参考サイト⇒クレジットカード、ブラックリストの謎 [お金を借りる] All About

Comments are disabled