不動産担保ローンとは

消費者金融のキャッシングサービスや銀行系のカードローン、マイカーローン、住宅ローン、そして不動産担保ローンなど、世の中には色々なお金を借りる方法があります。

ただこの中で不動産担保ローンというのは、他の融資方法と比べてあまりなじみがないですよね。

そこでここでは、不動産担保ローンとはどういうものなのかということについてご説明させていただきます。

消費者金融業者や信販会社、銀行等にお金を融資してもらうためには、必ず「審査」に通らなければなりません。

あなたが友人にお金を貸す場合のことを考えて頂ければわかりやすいかと思うのですが、お金を貸す側としては、「本当にその人から貸したお金を返してもらうことができるのかどうか」不安に思いますよね。

そこで行われるのが審査というわけです。

この審査では、その人の勤務形態や勤続年数、年収といった様々な情報から、「この人にお金を貸しても大丈夫か、いくらまでなら貸すことができるか」ということを判断します。

ただいくら審査をしたとしても、それはあくまでも「数字の上」でのことであって、「確実に返してもらうことができる」という保証があるわけではありません。

そこで登場するのが「担保」です。

担保とは万が一お金を返してもらうことができなくなった場合に返済の代わりにするためのもので、その代表的なものが「不動産」です。

不動産を担保としておさえておけば、もしもお金を返してもらうことができなくとも不動産を競売にかければ融資した金額を回収することができるため、業者側も安心してお金を貸すことができるというわけです。

つまり不動産担保ローンとは、不動産を担保として提供して融資を受ける形態のことをいうのです。

不動産担保ローン・不動産担保融資をご検討の方はこちらのABCサニーをチェックしてみてください。